GC Travel
  猫のマ—クのGCTravel
「旅さがし」
 GCトラベルでは「旅探し」をテーマに旅行コンサルタントの海山栄先生に旅を楽しく、意義あるものにするために、いろいろお話を聞く欄を設けました。 皆様からの質問もお待ちしています。 (お名前・年齢・お住まいの地域もメールでお知らせください)

 

海山先生(33) ウィーンに1ヶ月住む―シェーンブルン宮殿

 

―シェーンブルン宮殿はどのようにして建てられたのですか?

海山栄:オーストリアというのはドイツ語で東の国でありトルコなどのアジアからの防衛を担う国とされていました。事実オスマン帝国から1529年第一次の包囲があり、1683年には第二次包囲が行われました。オスマン帝国からの脅威が去った後レオポルト1世はマクシミリアン2世が狩猟地として使っていた土地に夏の離宮として宮殿をたてることを決めました。ハプスブルク家は30年戦争やオスマン帝国の包囲などでかっての力がなくなっていましたが宮殿の建設でかっての勢威を回復させたいと願っていました。ヨハン・ベルンハルト・エルラッハに設計を依頼しました。当初の計画はフランスのベルサイユ宮殿をもしのぐ壮大なものでしたが財政的に苦しく建設は遅れ、規模は縮小され、マリア・テレジア治世の1750年ごろに完成されました。

―マリア・テレジアは王位をカール6世から引き継ぎますがそれは順調だったのですか?

海山:いいえ。マリア・テレジアの父、 カール6世はベルギーやナポリ、ハンガリーからポーランド西部などの一大帝国を支配しましたが特に目を引くのが相続順位法です。

―相続順位法は何が狙いですか?

海山:長子相続を明確に打ち出しました。英仏は長子相続なので領土が分割されることはありません。ハプスブルク家では領土を兄弟で分割して相続しました。この法律は兄弟争いなどの内紛を防ぐことが目的であったのですが嫡男がいなかったので女性のマリア・テレジアでも嫡男と同様に相続できることを意図していました。ハプスブルク帝国の国内では各州の議会がこれを承認したので国内法となったのです。英仏、プロイセン、バイエルンなどはなかなか認めませんでしたのでこれらの国々に領土の一部を提供してやっと承認を得ました。 しかしカール6世が1740年に逝去するとマリア・テレジアは大公女にすぎない、しかるべき男性が王位につくべきだとプロイセンなどの諸外国は認めませんでしたのでオーストリア継承戦争が始まったのです。プロイセンのフリードリッヒは2ヵ月後に軍隊を発進させポーランド西部のシュレージェン占拠してしまいます。

―マリア・テレジアはプロイセンのフリードリッヒの仕業に泣き寝入りしたのですか?

海山:いいえ。女王に即位して間もなく、ハンガリー議会に乗り込みプロイセンの非を訴え、協力を要請した。ハンガリー人は唯々諾々と従うことはなかったのであるがマリア・テレジアの真摯な訴えに魅了され兵士と資金を提供して戦うこととなった。またハウクヴィッツやカウニッツ伯爵を登用して政治の改革を行いプロイセンの首都ベルリンの占領のもう一息のところまで反撃した。しかしシュレージェンは戻らなかった。

(すべてを読む)

アイルランド(15)

―アイルランドに移民したケネディ家(1)

―アイルランドがジャガイモ飢饉に陥った時に多数の移民がイギリスやアメリカなどに行ったのですね。

海山栄:そうです。この時のアイルランドの移民で非常に有名なのがケネディ家です。1849年ウェックスフォード県出身の農民であったパトリック・ケネディはアメリカのボストンに移民します。ジャガイモ飢饉の時でアメリカ第35代大統領になったジョン・F・ケネディの曽祖父に当たります。その子のパトリック2世は(1858~1929)は港湾労働者として仕事をはじめ、やがて酒の小売りと酒場の経営という事業に成功します。

―ケネディ大統領は暗殺され、またその業績によりケネディ神話が生まれたといいますね。

海山:土田宏氏の「ケネディ」よればケネディ神話はアメリカの大統領の中でやはり暗殺されたリンカーン大統領とジョン・F・ケネディの二人であると述べています。そして大統領選で劣勢だったが民主党のビル・クリントンは自分をケネディ大統領の再来として演出し見事当選を果たしたといいます。ケネディ大統領のいまだに続く影響力の一例です。

―アイルランド人は差別されたといいますがケネディ家はどのようにそれを乗り切ったのですか?

海山:ボストンにはインドのカーストの最上級のブラーミンという言葉を使ってボストン・ブラーミンという単語があります。これはボストンのイギリス系住民の上流階級のことです。イングランド人はアイルランド人を差別しましたがボストンでも同様なことが行われました。ブラーミンと呼ばれるボストン住民はアイルランド人がカトリックだったので最下層の人間として扱いました。普通のアイルランド人は1日15時時間、週7日働き、やっと食べるだけの賃金しか受け取れず、貧民街に住みました。しかしこのような状況 にあったのでアイルランド人は団結し苦しい生活に耐えました。アメリカ市民となると投票権が得られます。アイルランド人はボストンに集中して住みました。数の力に気がつき、1961年に始まった南北戦争のころ,ブラーミンが共和党支持だったのでアイルランド人は民主党を応援するようになります。ケネディ大統領の祖父であるパトリック2世は自分の酒場を党の集会所や選挙本部として提供し影響力を増すとともに自身も20代にしてマサチューセッツ州の州議会の下院議員に当選します。

 パンフレット希望者は、以下のメールでご請求ください
esp@gctravel.co.jp 
お見積もり依頼
クレジオン城(フランス)
ヴィーン・エスペラント博物館
世界エスペラント協会
中央事務所(オランダ)
ヘルツベルグ文化交流センター(ドイツ)
八ヶ岳エスペラント館(日本)
シドニー・エスペラントの家
国際エスペラント博物館(中国)
ザメンホフ学院(トーゴ)
ボーナ・エスペーロ(ブラジル)
北米夏エスペラント講座
GC-Travel 人事募集
>> 職種等の詳細はこちら!

①パソコン入力 1-2名 ¥1,200~/時、週1-2回 約2ヶ月

問合せ:03-3364-4963(留守電の場合は折り返し連絡)

②トラベルアドヴァイザー 時間自由 週1-2回
英語・エスペラント語が出来る人 

①②とも面接日相談、履歴書持参 

問合せ:詳細はメールで連絡 Mail :esp@gctravel.co.jp

われわれホモサピエンスという人類は、アフリカに誕生して、時間をかけて長い旅をしてきました。ヨーロッパ、インド、中国に、そしてユーラシアの東端、日本に住み着いたのが日本人です。。旅への欲望はわれわれの遺伝子の中に組み込まれています。 われわれの祖先はこのような長い旅をした後、世界各地に住み着きました。そして異なった文化を発展させたのです。  (続きを読む)
※ヨーロッパを旅する  アジアの文化はずっとヨーロッパの文化より進んでいました。しかしヨーロッパ人が世界に進出を始めて大きな画期をなしたのがコロンブスです。イギリスから始まったヨーロッパの産業革命は世界の中心がヨーロッパであるというイメージを人々に与えました。日本はヨーロッパの植民地にならないためヨーロッパの文明を学ぶことを決心したのが明治維新です。  明治維新から150年、この近代の日本と現在の世界を理解するためにはヨーロッパを旅することが望ましいのです。その中で現在ドイツの前身であるプロイセン、日英同盟のイギリス、エッフェル塔のフランスの3カ国からは大きな影響を受けました。  GCトラベルのホーム頁にモデルプランを掲載しております。参考にされ、お問合わせをお待ちしております。
ドイツイギリスフランスイタリア・スペイン・その他